「カジノにはドレスコードが存在します!」実はこれ、日本人の方は特に知らない方が多いかと思います。正確にいうと、「ドレスコードがあるところも、無いところもある」といった所で、大衆的なカジノでは家族連れでも服装もなんでもOK!なんていうところがあるのも事実です。しかし!せっかく憧れのカジノに行った時に、入り口でセキュリティーに止められて入れない。なんて事を想像するとあまりにも悲しく思います。念には念をで、どこでも入れる様な格好でカジノに挑むのがベストだと思います。そこで、簡単にルールやドレスコードについての記事を書きたいと思いました。今回の記事を読んでいただければ、恥をかく事はありません!

一般的なルール

これも結構大事なポイントなのですが、事前に行きたいカジノのホームページをチェックする、というのが有効だったりします!カジノによってルールが違うとはいえ、ジャケットを着なくてもあなたの行きたいカジノは問題無いかもしれませんよね?事前に分かっていれば、日本から持っていくジャケット数枚分のお土産のスペースがスーツケースに作る事が出来ますよ! 

しかし!どのカジノでも共通する、なるべく守りたいルールがいくつかあります。これはホームページなどには書かれていない、一種の暗黙の了解の様な物です。

1.スニーカーやビーチサンダルは避けましょう。

2.なるべく清潔な見た目で。

3.短パンやTシャツはなるべく

4.行くカジノが豪華であればあるほど、ドレスコードのルールはより厳格に。

ドレスコード

ドレスコードに関しては既に記述しましたが、もう少し細かく分類するとアクセサリーや持ち物なども気を付けたいです。例えば帽子やサングラスはあまり推奨されません。今の時代は仕方ありませんがマスクもあまり良くないと言われています。シャツでもポケットの多いシャツも避けたいです。これらは全てカジノ側に“あの人、不正を行いそう。”と怪しまれる可能性があるからです。帽子やサングラスは入り口付近のクロークに預けておきましょう。ジャケットルックならネクタイにも気を付けましょう!

ビシッとジャケットで決めていくのならば、ネクタイもビシッと決めて行きましょう!柄だらけのネクタイよりも、カジノにおいてはタキシードと蝶ネクタイというのが割と一般的であり、変に目立つ心配も無いでしょう。季節に合わせて黒いコートなどもありです。綺麗に磨いた革靴も念の為用意しておきましょう!お洒落は足元からです。

ブラックタイ

かなりフォーマルなカジノドレスコードでは黒のネクタイが要求される場合があります!通常のカジノでは、黒のネクタイである必要はありません。しかし主に特別なイベント事の時などではドレスコードとして決められている場合もります。

上下のスーツにマッチする

ジャケットとそれに合うズボン、ボタンダウンの襟付きシャツ、ネクタイまたは蝶ネクタイ、黒のフォーマルシューズ、黒の靴下が必要です。

ブラックタイの注意点

カジノのサイトに「黒いネクタイ」書いてあった場合は出来るだけフォーマルな服装で行った方が良いです。スーツの色は何色でも大丈夫でも、黒のネクタイをする必要があるというこういった少し変わったドレスコードもあります。

セミフォーマル

“セミフォーマル”と書いてある時もあります。このドレスコードは通常は夜では無く、日中に適用される事が多いです。このケースではフォーマルなスーツは必要なく、ウール素材のものが適しています。ネクタイの着用は必要ありませんが、ジーンズやカーキ色の服装はNG。必ず襟付きのドレスシャツを着用して行きましょう!

カジュアル

カジュアルと書いてあるから何でも良いという訳ではありませんのでご注意を!くたびれたよれよれの服を着ていくのでは無く、初デートに着ていく様な、出来るだけ綺麗な服を選んで行くのがベターです。

最後に

カジノ毎にルールが異なり、日本人の私たちにはちょっと馴染みのないドレスコードという文化ですが、そこまで難しく考える必要はありません。「カジノ、服装」などで調べれば今ではいくらでも参考にしたい写真が出てきます。後は行く予定のカジノのホームページを確認するという事だけを+αでやっていけば、大きな間違いをする必要はありませんので、あまり考え込まずにカジノでのお洒落を楽しみましょう!